コラム

  • TOP
  • コラム

  • 「努力は誇りを生み、成功する可能性を広げるⅠ」プロフェッショナル研究 Chapter6-1

    ビジネス
    感動を覚える作品は、感動的な人が造る。努力と創意工夫がその人を輝いて見せる。 そこまでやらなければいけないのか…。プロの苦闘の日々は第三者を唖然とさせる。 先日福井教会(注1)へ行った。壮年会の会合や、中学生高校生の会、それに小学生中学生の子供のあるお母さんの方の集まりなどというのもあって講師ということで呼んでもらったのである。 地方教会へ行くのは楽しい。初めて会う人、初めて見る土地、初めて…… 続きを読む
  • 「陶酔して行える者が、その道の奥義をつかみとる②」プロフェッショナル研究 Chapter5-2

    ビジネス
    テニスに憑(つ)かれた男(プロ)は、感動的な試合を求める。勝敗の行方より、秘術を尽くしたラリーの交換に快感と醍醐味を見つけ出す。 主人公ツアラプキンはソビエト人である。ソビエトが国家の威信をかけて選り抜き、鍛え抜いた十八歳の天才選手だが、テニスが好きで、テニスに憑(つ)かれた彼は、コーチや監督の勝利第一主義が気に入らない。彼はいつも「良いテニス」を求めており、時には手を出さなければアウトになるボ…… 続きを読む
  • 「陶酔して行える者が、その道の奥義をつかみとる①」プロフェッショナル研究 Chapter5-1

    ビジネス
    この最中に死ねれば本望。プロの仕事は、プロセスに熱中と陶酔がある。 ラフプレーにも正攻法で対抗せよ。プロは勝負師であると同時に芸術家でもあるのだ。 読者諸氏の中で、ラッセル・ブラッドンという名の人を御存知の方があるだろうか。 いや別に知らないからと言って恥じる必要は全然ない。この人は先日私が読んだ「ウィンブルドン」という小説の作者だというだけで、文学史に残るかどうかは今後の活動が決めるという…… 続きを読む
  • 「高い理想を掲げる者が高い誇りを持ちうる③」プロフェッショナル研究 Chapter4-3

    ビジネス
    状況を読む。次に何をするべきか、自分で判断する。 思いどおりの支持がそこに下されたら、キミの働きは素早く適確なものになるはずだ。 高原は試合中に何度かそういう経験をしたことがあった。なぜか突然頭のなかで何かが閃いて、ここはこれしかないと教えるのだ。するとサードコーチャーの高柳がまさにそのサインを送ってきた。そういうとき、彼の肉体はどんな状況にでも咄嗟に反応できるようになっており、自分に接近して…… 続きを読む
  • 「高い理想を掲げる者が高い誇りを持ちうる②」プロフェッショナル研究 Chapter4-2

    ビジネス
    盗塁王をとって給料を上げてもらうなんてまだちっちゃい。 優勝して、盗塁王もとる。でっかい目標を掲げたとき、男の瞳はキラキラ輝いた。 「もちろんきみは、そんなことは分かっていたというかもしれない。おそらく分かっていたと思う。しかしきみはそうしてこなかった。なぜだ? たぶんいままでのエンゼルスでは、きみがそうすることによって獲得できる利益があまりにも少なかったからだ。誰もライトへ流そうなどと思わな…… 続きを読む

本日のカレンダー

9月
15

「良いことにするぞ」という気概で

Live with Firm Determination, Thinking That “This Will Turn Out for The Best”