コラム

  • TOP
  • コラム

  • 「透視する眼力を養え」プロフェッショナル研究 Chapter20-2

    ビジネス
    無味乾燥な数字を克明に調べてひとつのストーリーを構築する、その技や天晴。 だが、もっとすごいのは、そこに限りない男のロマンを描き出そうという発想だ。 本誌(月刊・自己表現)には朝日放送の名アナウンサー 植草貞夫氏の名文章がのっていて、 それは大部分が野球の話である。 素人の井上まで野球の話をすることはない、 そのぐらいのことはわかっている。 この文章を引用したのはこれにプロ…… 続きを読む
  • 「透視する眼力を養え」プロフェッショナル研究 Chapter20-1

    ビジネス
    一見何の変哲もないところに芸術の素材を見つけ出す。 それがプロの眼だ。 冬だ、ラグビーのシーズンだ。 でも今年はワセダが弱くて正月の大会に出て来られない。 ワセダのいない正月ラグビーなんて、というわけでいささか退屈である。 もっともこの稿はプロフェッショナル研究、ラグビーにプロはないから、 どんな大試合も名プレーも、この稿に登場させるのは無理だ。 こういう退屈なときには本を読…… 続きを読む
  • 「挫折は青春につきものだ」プロフェッショナル研究 Chapter19-3

    ビジネス
    そのときだけの精いっぱいはやさしい。 むずかしいのは日ごろのたゆまぬ鍛練であり、それができてはじめて真の実力が身につくのだ。 よく、外交販売が嫌いだという人があるが、 あれは大体、はじめてやるときから逃げ腰で、そして失敗し、 それでまたもっと逃げ腰になり、 何度やってもうまく行かなくなった人である。 うまく行きさえすれば、あれほど面白いものはないのである。 努力とか精いっぱ…… 続きを読む
  • 「挫折は青春につきものだ」プロフェッショナル研究 Chapter19-2

    ビジネス
    勝負に負けたとき、「この次はやってやる」と思うか、 落ちこんで当分立ち直れないかは、そこに至るまでの努力いかんにかかっている。 何度も同じ話になるが、私も三十年前に東大を受験して失敗した。 あのときもしも私が「この次は必ずやってやる」 とファイトを出して申し出れば「一年浪人してもう一回受けてみろ」 ということになったかもしれない。 そうしていたら、努力次第では合格していたかもし…… 続きを読む
  • 「挫折は青春につきものだ」プロフェッショナル研究 Chapter19-1

    ビジネス
    日ごろの努力が挫折を次なる飛躍のバネにする 迫力満点の郎平のスパイクが、 好守を誇る森田貴美枝選手の指をはじき飛ばすように コート後方へ飛び去った中国の一点目を見たとき、 正直言って「こりゃあかんわい」と思った。 ロサンゼルス・オリンピックの予選を兼ねた アジア女子バレーボール選手権の優勝戦でのことである。 たしかに郎平はすごいアタッカーだった。 そして彼女を中心とする…… 続きを読む

本日のカレンダー

5月
23

手掛けたからには自分の仕事

Once You’ve Set Out to Do Something, It Is Your Job