コラム

  • TOP
  • コラム

捨てるから始めない もっと心地良い暮らし

ライフオーガナイザー・中川珠枝(PL富田林教会所属)が、生活空間をより心地良くするため、すっきりと快適に暮らすためのちょっとしたヒントを具体的に提案します。

【筆者プロフィル】大阪府出身。PL学園高等学校(全日制27期)卒業。PL学園女子短期大学進学後、ANA客室乗務員として勤務。現在は、富田林市で夫が起業した地域密着の不動産仲介会社「エイム不動産販売株式会社」のリフォーム担当として、モノに埋もれない収納・暮らし・空間を提案している。

  • オリジナルの工夫を楽しもう

    生活
    職人の手技と日曜大工の違いは 世代を問わず、積極的に日曜大工や庭いじりをする人は、生活の活動率や規則正しい生活率が高く、健康だといわれています。 段取りや仕組みを考えることで頭を働かせ、体も指先も動かすので健康寿命が延び、結果として長寿になるという訳です。今時は日曜大工のことをDIYといいますね。「Do It Yourself」の略で、「自身でやる」という意味です。少しの住居の補修は自身で…… 続きを読む
  • 室内の管理や掃除を心掛けよう

    生活
    一人暮らしで注意するところは この春から未知の地で部屋を賃貸して新生活をスタートさせた方も多いことでしょう。家族と一緒に生活していた時には家の管理など全く意識していなかったと思いますが、「賃貸契約を結んで部屋を借りる」行為には社会的責任が伴います。 火の用心はもちろん、室内のメンテナンスや日頃の掃除などを怠ると、退去時に予想外の高額請求をされることもあります。 一人暮らしの日常生活で気を…… 続きを読む
  • 子供の一人暮らしに備えよう

    生活
    金銭的な負担を考慮し 我が家は、とうとう末っ子もこの春から進学のために下宿することになりました。 いざ子供が一人暮らしをスタートさせるとなると、親の金銭的負担は大きいものです。我が家の場合は、日ごろから通称「未来BOX」に、いつか使えるであろう不用品(日用品)を保管していました。 景品で頂いたタッパー類や、引き出物などで頂いたものの好みではなかった食器やリネン類、粗品で頂くタオル類も、こ…… 続きを読む
  • 笑顔になれるリビングを演出

    生活
    良い習慣を家庭内に広げよう 近年特に、良いことも悪いことも周囲に伝染するものと感じています。 笑顔の人の周囲には自然と笑顔の人間が増えるように、悪い習慣も良い習慣も伝染し、拡散するのです。ぜひ、良い習慣を家庭内に、家族に拡散していきたいですね。 例えば、リビングに家族の私物の持ち込み・放置が減らない場合は「片付けて!」と言うよりも、ステキで心地良いリビングを共有する仕組みづくりに力を注入…… 続きを読む
  • 〝〜ぱなし〟を減らそう

    生活
    モノも人も好循環を 使いやすい場所の中身が使用頻度の高いモノばかりになると、引き出しや棚の物量は減って出し入れがとてもスムーズになったと思います。 私の体験ですが、家の中のモノを見直して以降、劇的に変化したのは習慣です。「〜ぱなし」でなくなったのです。やりっぱなし、出しっぱなし、脱ぎっぱなし、置きっぱなしなどなど……。「〜ぱなし」は無責任にも通じているような気がします。自宅での「〜ぱなし」…… 続きを読む

本日のカレンダー

6月
27

成功にたまたまはない

Success Doesn’t Just Happen