定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 6月15日付(第2681号)

芸生新聞 6月15日付(第2681号)

発行日
2020年6月15日
価格
57円(本体52円+税)

緊急事態宣言が全国で解除され、2週間あまりが過ぎ、全国各地の教会でも会員参加の式典や行事が再開されています。各地の飲食店やレジャー施設も営業をスタートし、少しずつ日常が戻り始めていますが、気を緩めず工夫して過ごすようにしましょう。

ピックアップ

  • PL青年 始動!!(1面)

    近畿教区の青年部研修会(P―smiLe)が5月30、31の両日に、九州教区の青年部交流会が同月31日に、それぞれ新型コロナウイルス感染防止対策を取りながら、聖地と九州各地で開催されました。

  • 教主と願う世界平和(1面)

    5月30日、所用で錬成会館に来館されていた教主は、午後3時半すぎ、第1講義室に入られ、近畿教区の青年部研修会に参加者と記念撮影をしてふれあわれました。

  • この人に聞く 特別編 新型コロナ医療最前線(2面)

    スペインの首都マドリード在住の会員が登場。新型コロナ禍の中、治療の最前線にボランティアとして参加して、感じたことをインタビュー形式で紹介しています。

  • 教えあればこそ(3面)

    今回は、青年時代からさまざまなことにチャレンジし続けてきた静岡第一ブロック清水教会の男性です。

  • クローズアップ キラリ☆輝き人 なにわの武漢奮闘記(4面)

    大阪・なんばの一角で中華居酒屋『武漢熱干面Juan(ジュアン)』でマネジャー兼店長を務める、阪南ブロック富田林教会に所属するPL学園OBの男性にスポットをあてました。
    国内の新型コロナ感染拡大が深刻化する中で思い付いた、ある〝作戦〟がSNSで反響を呼び、売上に大きな成果を収めたエピソードです。

    『芸生新聞』購読のご案内

    0615-02.indd

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0120-25-2670(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    8月
    4

    目上も目下も一つになって

    Work Well with Everyone Regardless of Their Age or Position