定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 6月22日付(第2682号)

芸生新聞 6月22日付(第2682号)

発行日
2020年6月22日
価格
57円(本体52円+税)

梅雨の時期を迎え、全国で大雨に備えるよう、防災の呼びかけが行われています。6月上旬には近畿地方が梅雨入りしました。聖地では入り口付近に、きれいなアジサイの花が咲き、訪れる会員の目を和ませてくれています。12日に撮影した写真を1面で紹介しています。

ピックアップ

  • 教話 おしえおやの神業が信仰の中心(1面)

    筆者は、総務部長付の沼田敏先生です。
    「私たち信仰者の中心は、おしえおやの遂断、おしえおやの神業であるという所を外してはいけません。そこをしっかりと頂きながら、存分に自己表現を発揮していきましょう」

  • 第2回全国青年部代表者会議(1面)

    6月6、7の両日、錬成会館第3講義室で開かれました。新型コロナウイルス感染症の影響で、半数の青年がインターネットのビデオ通話を活用し、所属教会から会議に臨みました。

  • 読者のひろば(2、3面)

    今回の「老春はつらつ元気の素」は、北九州ブロック黒崎教会の会員が登場。3月に教会で100歳の誕生祭式典を行った感激と、元気の秘けつをつづってもらいました。

  • 教話〝信友芸術〟考⑦(4面)

    石井裕先生(芸術生活社)による全7回の最終回です。
    「近寄りがたい暗い顔や怖い顔をしていたら、周りの人がそこに希望を見いだすことはできません。自由に美を創造していく心構えが、信友芸術という遂断、おしえおやの神事に込められた内容だと思います」

    『芸生新聞』購読のご案内

    20.06.22.1面.indd

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0120-25-2670(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    8月
    4

    目上も目下も一つになって

    Work Well with Everyone Regardless of Their Age or Position