定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 7月20日付(第2685号)

芸生新聞 7月20日付(第2685号)

発行日
2020年7月20日
価格
57円(本体52円+税)

全国各地で豪雨による災害がもたらされています。警報や避難情報の発表に気を向けましょう。

各地では教会活動が徐々に戻りつつあり、6月末から7月上旬にかけて、各教区で青年部が交流会や代表者会議を行いました。

開催にあたっては、一部の参加者や開催そのものをオンラインを通して行うなどの工夫がされました。

ピックアップ

  • 態勢を整えて新たな錬成(1面)

    7月4、5の両日、錬成再開第1号となる第7回錬成が行われました。

    消毒液の設置やマスクの着用、毎日の検温、室内での席の間隔確保、窓を開放しての換気など、新型コロナウイルス感染拡大防止対策がじゅうぶんにとられました。

    翌週の10日から12日までの3日間にかけて第8回錬成、11、12の両日には第9回錬成も行われました。

  • 教話 補教師の毎日は明るく楽しく(1面)

    劇団カッパ座社長の右田次男先生による教話です。

    「まず自分が楽しく信仰していなければ、教えは伝わっていきません。おしえおや様が遂断られたことに一生懸命取り組んでいくと、自分自身の信仰もきっと向上していきます」

  • 常勤補教師の信仰──おしえおや様をいただいて歩む(3面)

    〝常勤さん〟の愛称で親しまれ、〝先生〟と尊敬もされている常勤補教師。

    そんな会員2人の、日ごろの献身や心がけていることを紹介します。

    『芸生新聞』購読のご案内

    20.07.20.1面.indd

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0120-25-2670(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    9月
    28

    道は必ずある

    There Will Always Be a Way