定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 8月30日付(第2735号)

芸生新聞 8月30日付(第2735号)

発行日
2021年8月30日
価格
57円(本体52円+税)

全国の教会・支所で、コロナまん延の状況を考慮しつつ、さまざまな行事が企画された8月。

聖地では、錬成会館を会場に5月から続いていたワクチン接種が終盤に差し掛かろうとしています。

まだまだ生活への制限は続きますが、工夫を重ねて乗り切りましょう。

ピックアップ

  • コロナ禍でも工夫で夏を満喫(1・4面)

    首都圏をはじめとする緊急事態宣言が一部地域に発出、延長が続いた7、8の両月。

    子供たちの行動も大きく制限される中、感染対策を万全に期した上で開催された育成行事を掲載しています。

  • おしえおやの遂断ありがたく(1面)

    第三代教祖との思い出を先生方につづっていただく連載企画。
    今回の筆者は、みおしえ係の板敷一人先生です。

  • アングル21(1面)

    今年の教祖祭では、装飾に工夫を凝らした所が多く、ハンドクラフトプロジェクトによる装飾が目を引いた首都ブロック町田教会と、新殿堂の天井に濃紺の夜空が出現したオブジェが特徴の鳥取ブロック郡家教会の写真を紹介します。

  • 読者のひろば(2・3面)

    今号では、山口第一ブロック宇部教会の掲示板に掲げられた、『こどもカレンダー』をより際立たせるように飾られた貼り絵の作品を「ほっとひと息」のコーナーで、「ぴーえる1年生」では、昨年9月に入会したばかりの阪南ブロック羽曳野教会の夫婦が登場です。

    『芸生新聞』購読のご案内

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    8月
    10

    面白いと思えば 順応しやすい

    It’s Easier to Adapt to Something When We Find It Interesting