定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 10月18日付(第2742号)

芸生新聞 10月18日付(第2742号)

発行日
2021年10月18日
価格
57円(本体52円+税)

新型コロナウイルスの新規感染者が全国的に減少し、さまざまな規制が緩和されつつあります。大阪・富田林の聖地では、感染防止対策を万全にしてPL学園幼稚園が第51回運動会を開催し、園児たちが元気よく競技を楽しみました。

ピックアップ

  • お世話 するもされるも喜びに満ち《前編》(1・2面)

    今回から前後編でお世話をする側、受ける側それぞれにスポットを当てた企画をお届けします。前編は、お世話をする側の特集です。日頃お世話に励んでいる会員へのアンケート、教話は愛媛ブロック松山教会長・梶本博史先生の「お世話と〝我〟 おしえおやの遂断の下、ちょうど良いところを授かって」です。

    「お世話は、ちょうど良いところを授かりながら、自分も相手も幸せにならせていただけるものです」

  • 連載教話 とがめ心は世界平和を阻害する(3面)

    西兵庫ブロック姫路教会長の土生徳美先生執筆の連載教話は今回が最終回です。

    「まずは、身近な人と仲良くすることが大切です。世界平和は、私たち一人一人が身近な人と仲良くしていくこと。その延長にあります」

  • シリーズ PL信仰生活心得 教話録(4面)

    過去に掲載した教話の中から、「PL信仰生活心得」の箇条に則したものをお届けする再録企画です。

    第6条、三重ブロック四日市教会長の管野和雄先生による「PLの信仰で判断力を育てよう」。

    「経営者やリーダーに、どれだけ素晴らしい知識や経験があっても、また人柄が良くても、先入観に捉われ、融通性や柔軟性を欠いて目の前に起こる神業に善処できなければ、何の意味もありません」

    第20条、愛知第二ブロック安城教会長の板垣徳雄先生による「〝信友芸術〟で自分を変えよう」。

    「努力すべきは、自分を変えることです。魅力を感じてもらえるような、人を引きつけられる自分になることが、一番大事なことではないかと思います」

    『芸生新聞』購読のご案内

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    8月
    8

    「よし!」と思って取り掛かろう

    Start by Thinking “Let’s Do It!”