定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 6月13日付(第2773号)

芸生新聞 6月13日付(第2773号)

発行日
2022年6月13日
価格
57円(本体52円+税)

聖地では今月、神戸ブロック明石教会と阪南ブロックが、それぞれ団参と勉強会を開催します。

また各地の教会でも手指の消毒や換気など、対策を取りながら青年行事や育成行事の開催が少しずつ増えてきています。

ピックアップ

  • 教話 目上の道、目下の道(1面)

    筆者は岩手ブロック水沢教会長の石田茂先生です。

    「目上は目下に愛情と誠意を持って妥協なく接し、目下は目上の気持ちに気付かせていただけるように祈りながら腰軽に動く。相互の働きがかみ合うと、そこには素晴らしい結びの芸術が生まれます」

  • おしえおやの遂断ありがたく(1面)

    第三代教祖との思い出、学んだことをPL教師につづっていただく当シリーズ。

    今回は福岡第二ブロック大牟田教会長の上杉義貴先生です。

  • 各地で祖遂断神事制定記念式(2面)

    5月29日、各地で祖遂断神事制定記念式が行われ、参列者は教話を聴き、祖遂断神事を頂けることに感謝をささげました。

  • シリーズ PL信仰生活心得教話録(4面)

    過去に掲載した教話の中から「PL信仰生活心得」の箇条に則したものを、厳選してお届けする再録企画です。

    今回は第3条、岡山ブロック玉野教会長・松原尚男先生による「神業に乗れば感謝は湧いてくる」。

    「自分に心癖があることを自覚して、こつこつ取り組んでいけば、少しずつでも確実に癖は出なくなるでしょう。やがて、正しい思い方、在り方の方が楽しいということになっていきます」

    第11条、神戸ブロック神戸教会長・市村寿美先生による「子供からのシグナルに気付ける親に」です。

    「子供が発するシグナルは非常に微妙なものであり、日頃から祈り心で暮らさなければ、気付くことはできません。いつも子供のシグナルに気付けるよう、日々神様を拝みながら、心のアンテナを伸ばして暮らしましょう」

    『芸生新聞』購読のご案内

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    8月
    12

    困った時はできることから

    When You Face Difficulties Start with Anything You Can Do