2022年版壁掛けカレンダー

  • TOP
  • 2022年版壁掛けカレンダー
  • 表紙

    ハンニバル 2001年
    イタリア フィレンツェ

    トマス・ハリス原作「羊たちの沈黙」の続編。脱獄犯ハンニバルがヒロインであるFBI捜査官クラリスへ送った手紙から、世界で数件しか取り扱っていないクリームの成分が検出される。ハンニバルの潜伏先がフィレンツェと推測され、緊迫した追跡劇が始まる。
    ヴェッキオ宮殿やドゥオーモ(教会堂)、現存する世界最古の薬局と言われるサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局といった歴史的建造物が重要シーンで登場する。
  • 1日

    サウンド・オブ・ミュージック 1965年
    オーストリア ザルツブルク

    1930年代のオーストリア。見習い修道女のマリアが住み込みの家庭教師を務めるのはトラップ大佐の家。軍人の父の元で厳しくしつけられた子供たちを外に連れ出して歌う「ドレミの歌」、子供たちにせがまれた父親が歌う「エーデルワイス」など、今なお世界中で愛されている音楽が生まれた名作。第38回アカデミー賞で作品賞を含む5部門を獲得した。映画を彩るオーストリアの自然も見どころの一つ。
  • 2日

    アラビアのロレンス 1962年
    モロッコ アイト・ベン・ハッドゥ

    1962年アカデミー賞主要7部門を独占した、乾いた風景の中にも神々しさを感じる名作。数カ国にまたがって撮影された中でも、作品の象徴的な砂漠と太陽のシーンは主にモロッコで撮られた。
  • 3日

    ハウルの動く城 2004年
    フランス コルマール

    運河沿いに立ち並ぶとんがり屋根の家々や細い路地裏、看板。主人公ソフィーが暮らしていた土地のモデルとなった、映画のシーンそのままの風景がここにある。
  • 4日

    ハリーポッターと炎のゴブレット 2005年
    イギリス セブンシスターズ

    クィディッチ(箒に乗って行われる魔法界のスポーツ)の世界大会が行われたシーンのロケ地。角度によって7人の修道女が並んでいるように見えることからこの名が付いた。
  • 5日

    ミッション:インポッシブル 1996年
    チェコ カレル橋

    往年の人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」の映画化第1作。アメリカの秘密諜報組織IMFに所属する若きエージェント、イーサン・ハントのチームが物語の冒頭、プラハを流れるヴルタヴァ川にかかるカレル橋で、正体不明の敵からの襲撃を受ける。
    映画では深夜の暗いシーンだが、普段は夜も露店が立ち並び、ジャズの演奏なども行われる人気スポットとなっている。
  • 6日

    アイガー・サンクション 1975年
    スイス アイガー

    かつて諜報機関で凄腕の殺し屋だった大学教授ヘムロックの元に諜報機関から仕事の依頼が入る。否応無しに引き受けた仕事から、ついにはアイガーに登山する男を追うはめになるが…。
    アイガー北壁は高さ1,800mの岩壁で、グランド・ジョラスの北壁、マッターホルン北壁とともに、登頂困難な三大ルートの1つとして知られる。多くの映画、小説でその厳しさが描かれているほか、近年はレースゲームのコースにも登場している。
  • 7日

    ロード・オブ・ザ・リングシリーズ 2001年〜
    ニュージーランド マタマタ

    イギリスのJ・R・R・トールキンによる長編小説を実写化した作品。架空の種族ホビットが住む村が映画の撮影のために造られ、そのまま観光地となっている。
  • 8日

    アメリ 2001年
    フランス パリ18区

    パリの高台モンマルトルの中にある18区は、観光地としても人気のスポットだが、その一方で、芸術家に愛された下町風景も残る。路地裏に入り込むとユトリロが描いた風景画そのままの景色に出合えることも。
  • 9日

    インフェルノ 2016年
    トルコ バシリカ・シスタン

    ダン・ブラウン原作の「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3弾。世界の人口を操作しようとする陰謀に巻き込まれたラングドン教授が、ダンテのインフェルノ(地獄篇)に鍵が隠されていることをつきとめ、陰謀を阻止するために奔走する。仕掛けられた大量殺人兵器の起動を止められるのか、手に汗握るクライマックスの舞台となった地下宮殿は、東ローマ帝国最大の貯水槽で、イスタンブール歴史地域として世界遺産に登録されている。
  • 10日

    それでも恋するバルセロナ 2008年
    スペイン カサ・ミラ

    ウッディ・アレン監督のロマンティックコメディ。真面目なヴィッキーと自由奔放なクリスティーナ。親友同士の二人は、バカンスで訪れたバルセロナで画家のアントニオと出会い、微妙な三角関係に。そこにアントニオの元妻も加わっての滑稽なドタバタ劇が、バルセロナの美しい景色の中で繰り広げられる。
    冒頭の観光シーンで訪れるカサ・ミラは、アントニオ・ガウディが設計した、直線のない集合住宅。1984年に世界遺産に登録されている。
  • 11日

    トゥームレイダー 2001年
    カンボジア タ・プローム

    1186年頃、ジャヤーヴァルマン7世によって建てられた大乗仏教寺院で、後にヒンドゥー教のものに建て替えられた。密林という環境のため榕樹の根が侵食し、また戦闘による破壊行為で、建立時50以上あった塔のほとんどが倒壊している。映画では、この異世界のような空間が、トレジャーハンター同士の激闘をよりスリリングに演出している。
  • 12日

    陰謀のスプレマシー 2012年
    ベルギー グラン・プラス

    ベルギーで新しい生活を始めた元CIAのエージェント・ベンは、防犯装置を作る企業に職を得て、娘のエイミーをアメリカから呼び寄せた。ところがある日、何者かから追われることになる。暗殺者の魔の手から逃れつつ、陰謀を暴いていくサスペンスアクション。街並みや世界遺産に登録された建造物など、ベルギーの風景も楽しめる作品。
    ヴィクトル・ユーゴーが「世界でもっとも美しい広場」と、またジャン・コクトーが「豊饒なる劇場」と称えたというグラン・プラスはベルギーの首都ブリュッセルの中心地。四方を1402年から50年あまりかけて建てられたフランボワイヤンゴシック様式の市庁舎や博物館に囲まれている。
  • 13日

    007サンダーボール作戦 1965年
    バハマ エグズーマ諸島

    シリーズ第4作。消息を絶った核弾頭搭載の英空軍機を探してバハマへ向かったジェームズ・ボンドが隠れ家とした海中洞窟がある。バハマで最も美しいと言われるエリアでのシリーズ初の水中戦闘シーンは、クオリティーが高く評価され、アカデミー視覚効果賞を受賞した。
  • 14日

    女王陛下のお気に入り 2018年
    イギリス ブレナム宮殿

    18世紀のイングランド。アン女王の寵愛を奪い合う公爵夫人サラとサラの従姉妹アビゲイルによる女同士の戦いを描いた歴史コメディ。当時の雰囲気を残した建造物が随所に登場する。第91回アカデミー賞で9部門10ノミネートを獲得、オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞した。
    冒頭、模型で登場するブレナム宮殿は、王族以外が所有する唯一の宮殿として知られ、規模は東京ドームの173倍。ウインストン・チャーチル英元首相が誕生した場所としても知られている。
  • 15日

    ジュラシック・パークシリーズ 1993年〜
    ハワイ ナ・パリ・コースト州立公園

    舞台は中米にある架空の島イスラ・ヌブラルとイスラ・ソルナだが、撮影は主にハワイ諸島で行われ、イスラ・ヌブラルを訪れた主人公が最初に目にする海岸沿いの断崖絶壁など、印象的なシーン、重要なシーンの多くがナ・パリ・コーストで撮影された。マイケル・クライトンの小説を原作とする、バイオテクノロジーによって現代に蘇った恐竜たちによる惨劇を描いたパニック・サスペンス。
    車ではアプローチできない海岸や垂直の崖、滝など、迫力ある風景に恵まれ、秘境の名にふさわしい。
  • 16日

    理由なき反抗 1955年
    アメリカ グリフィス天文台

    ジェームズ・ディーンの代表的作品であり、映画公開1カ月前のディーンの事故死もあって、当時話題作となった。天文台は本作品で有名になったため、ジェームズ・ディーンの胸像が建てられている。主人公ジムと不良少年がナイフを手にけんかをするシーン、クライマックスシーンなどが撮影された。本作品以降、「ターミネーター」「ラ・ラ・ランド」など、多くの映画のロケに使われている。
  • 17日

    ザ・ビーチ 2000年
    タイ ピピ島

    レオナルド・ディカプリオ主演。透き通った海が広がる楽園の美しさと、人間の醜悪さが対比となっているサスペンス仕立ての映画。
    タイ南部の知る人ぞ知る島だったピピ島は、映画をきっかけに観光客が殺到したため、自然保護のためにタイ国立公園局が湾を閉鎖したというエピソードがある。
  • 18日

    オーシャンズ12 2004年
    オランダ アムステルダム

    ダニー・オーシャン率いる犯罪のスペシャリストたちの活躍を描く。前作(オーシャンズ11)で大金を盗んだカジノ王に居所がばれ、返金を迫られたオーシャンズ。不足分の9700万ドルを埋めるため、アメリカからヨーロッパに拠点を移して新たな盗みの計画を立てる。
    ダニーの妻テス役のジュリア・ロバーツが本人の偽物に扮するなど、コメディー要素もふんだんに盛り込まれた娯楽作品。
    市内に網の目状に広がる運河やそれにそって建てられた古い邸宅や店舗など、運河の街アムステルダムの美しさも見応えがある。
  • 19日

    ナイル殺人事件 2022年(公開予定)
    エジプト ナイル川

    ミステリーの女王、アガサ・クリスティーが生涯書き続けた名探偵ポアロシリーズの中でも、アガサ自身が「旅行もののミステリーの最高傑作」と称した「ナイルに死す」の2度目の映画化作品。ストーリーとともに豪華な船旅の様子、悠々たる大ナイル、神殿の数々も堪能できる。
  • 20日

    トランスフォーマー ロストエイジ 2014年
    香港 クォーリーベイ

    「福昌楼」「海景樓」「海山樓」「益昌樓」「益發大厦」の5つの建物が、上から見るとE字型に連なり、垂直な迷宮を造っている。あまたの窓や洗濯物に圧倒される、人口密度が高い香港ならではの日常の風景だが、映画では主人公ケイドが悪役に追われ屋上から地上へとベランダ伝いに逃げる非日常が展開した。
  • 21日

    アバター 2009年
    中国 武陵源

    物語の舞台、架空の衛星パンドラのモデルとなった。奇岩が林立する景色は圧巻。映画そのままに、巨大な翼竜が飛び交っていても不思議ではないような、神秘的な美しさをたたえている。
  • 22日

    ゴッドファーザーⅢ 1990年
    イタリア マッシモ劇場

    イタリア系マフィアとしてニューヨーク最大のマフィアファミリーを牛耳ったヴィトーとその家族の栄華と変遷を、壮大なスケールで描いた3部作の最後。1、2作でアカデミー賞各賞を受賞したほか、1990年には1作目がアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。
    主な舞台はニューヨークだが、ラストシーンはヴィトーの出身地・シチリア島にあるイタリア屈指の名門劇場であるマッシモ劇場前の大階段で撮られた。
  • 23日

    シェーン 1953年
    アメリカ グランドティトン国立公園

    主人公シェーンが流れ着いた開拓村での短い生活と、人々やジョーイ少年とのふれあい、感動的なラストシーンを彩る広大な自然。氷河の残るグランドティトン山を有する国立公園は、ワイオミング州にあるロッキー山脈はずれの地。西部開拓時代と同じ風景が今も残る。
  • 24日

    シカゴ 2002年
    カナダ カーサ・ローマ

    スターを夢見ながらも殺人を犯して刑務所に収監された主人公ロキシーとヴェルマ。有名になるために手段を選ばない二人は、争いながらも共にスターダムに上り詰めていく。
    舞台はシカゴだが撮影のほとんどがカナダで行われた。その一つ、カーサ・ローマは20世紀初頭に実業家ヘンリー・ペラットによって建設されたが、戦争や世界大恐慌などにより建設途中で手放したという。現在はトロントの観光名所となり、レストランや博物館として営業しているほか、映画やテレビ番組の撮影にも使われている。
  • 25日

    裏切りのサーカス 2011年
    ハンガリー ブダペスト 漁夫の砦

    1970年代の東西冷戦を描いたスパイ映画。内部に潜入したモスクワの二重スパイをあぶり出そうとするイギリス秘密情報部、通称「サーカス」の元幹部スマイリーの奮闘を描く。淡々と進んでいく物語を彩るのがブダペスト市内の名所。折衷様式の集合住宅、ブダペスト西駅、実際にスパイの待ち合わせ場所としてポピュラーだったパーリジ広場などが、映画の中で重要な役割を担っている。オスカーをはじめ、各国の映画賞にノミネートされた。
  • 26日

    スターウォーズ エピソード4/新たなる希望 1977年
    グァテマラ ティカル遺跡

    主人公ルークたちが逃げ込む反乱軍の秘密基地として使われたティカルは、マヤ文明を代表する遺跡。575K㎡の広大なジャングルの中に神殿など多くの建造物が残されている。
  • 27日

    もののけ姫 1997年
    日本 白神山地 青池

    構想16年、制作に3年かけたスタジオジブリの長編アニメーション映画。
    中世の日本(室町時代頃)を舞台に、人間と自然との関わりや差別、神秘主義と合理主義の対立など、テーマ性が多く盛り込まれている。
    手つかずの自然が残る白神山地はスタジオジブリの公式発表で「大いに参考にした場所」として挙げられている。中でも透明度が高く幻想的に輝く「青池」は、山の神であるシシ神が本当に現れそうな不思議な世界観を醸している。
  • 28日

    インディー・ジョーンズ 最後の聖戦 1989年
    ヨルダン ペトラ遺跡

    2000年以上前から貿易の中継都市として栄えてきた古代都市ペトラ。天然岩を加工して作られた遺跡の入り口は高さ100mほどの切り立った崖に挟まれており、天然の要塞のよう。1985年に世界遺産に登録され、世界一入場料の高い世界遺産と言われる(50ヨルダンディナール〜。日本円にして約8000円〜)。広大な敷地には「兵士の墓」「壺の墓」などいくつもの霊廟や神殿、劇場などが点在し、電動機や車の持ち込みが禁止されているため全体を回るには数日を要する。
  • 29日

    非情城市 1989年
    台湾 九份

    日本統治時代の終わりからの台湾社会が九份の風光明媚かつノスタルジックな風景の中で描かれた作品。夕暮れ時が最も美しいとされる街並みは、当時の面影を色濃くとどめている。
  • 30日

    ボーン・アイデンティティー 2002年
    ギリシャ ミコノス島

    アメリカ、ロシア、ドイツ、スイス、フランス、モロッコなど、ロケ地の多さで知られるボーンシリーズ1作目のラスト。ミコノス島は主人公ジェイソン・ボーンが離れ離れになった恋人を探し当てる場所として登場する。死闘の連続となったシリーズ中、数少ない心和むシーンとして印象的。
  • 31日

    フォレスト・ガンプ/一期一会 1994年
    アメリカ モニュメント・バレー

    「人生は食べてみなければ分からない、チョコレートの箱と同じ」
    激動のアメリカの歴史を駆け抜けた青年フォレストの青春を描いたアカデミー賞6部門受賞の感動作。想いを寄せるジェニーが去った後、家を飛び出してそのまま大陸を3年半かけて何往復もするシーンで遠くに見える奇岩が、ユタ州からアリゾナ州にかけて広がるモニュメント・バレーにある岩山「ビュート」や「メサ」。撮影された一本道は国道163号線で、フォレスト・ガンプ・ポイントという観光スポットになった。「駅馬車」(1939年)、「バック・トゥー・ザ・フューチャー3」(1990年)、「テルマ・アンド・ルイーズ」(1991年)などの撮影場所でもある。

本日のカレンダー

8月
8

「よし!」と思って取り掛かろう

Start by Thinking “Let’s Do It!”