コラム

  • TOP
  • コラム
  • 親子コミュニケーション

    未就学児編その10「子育て、しつけは外注できない」

     前回(『芸生新聞』7月2日付掲載)、親力がないと、親として伝えたいことが子供に伝わらないと書きましたが、今回、親力についての話をします。  子供が生まれると、誰でも親にはなれますが、子供を育てる親として、健全な成長を育み、しつけをし、責任を果たすことは実はとても難しいことなのです。  第1子の時は、親だって初心者ですから、分からないし、不安だし、悩んで当たり前です。子供の成長とともに…… 続きを読む
  • 親子コミュニケーション

    未就学児編その9「子供の目を見て伝えよう」

     赤ちゃんの時のイヤイヤ期は、まだかわいいもので、親の思うようにできますが、4、5歳の反抗期、特に男の子には、手を焼くことがあります。「いや!」「だめ!」「きらい!」。  それでも、機嫌のいい時、困った時は、「ママ~」とやってきますから、中高生の激しい反抗期に比べたら、全く大したことは無い。  分かっているんだけど、でも大変。ゲームをやめない、ご飯を食べない、寝ない、など、親の忍耐力が…… 続きを読む
  • 親子コミュニケーション

    未就学児編その8「自立させるための子育てである」

     私はときどき、幼稚園の保護者に向けた講演を依頼されるのですが、その時に、お母さんたちに問いかけることがあります。  「どんな子供になってほしいですか?」  そうすると、いろんな答えが返ってきます。優しい子、強い子、元気な子、思いやりのある子、周りに迷惑を掛けないように……、素直に……、などなど。  そこで、もう一度、聞きます。  「それが子育てのゴールで、そんな子供になれ…… 続きを読む
  • 親子コミュニケーション

    未就学児編その7「心の中の心配不安症を打ち捨てる」

     3、4歳になり、保育所・幼稚園に行くことになった時に、初めて親離れ子離れすることになります。  それまで、実家に預けたり、ママ友に頼んだりはあったとしても、毎日、決まった時間に離れないといけなくなるのは、ママによっては、〈つらくて心配〉と思う人もいるでしょう。子供も、初めてこんなに長い時間ママと離れるのですから、泣いたり、ぐずったりするのは当たり前です。  人は一人では生きていけませ…… 続きを読む
  • 親子コミュニケーション

    未就学児編その6「心配しすぎず長い目で見てあげる」

     子供にとって、初めての社会が家族です。とりわけママの存在は大きく、ママでないとダメな時期があったりします。人見知りをするのも、自分の知っている人とそうでない人が分かるからです。  家族以外(保育園、幼稚園の先生やお友達など)で頻繁に会う人を子供が認識していくと、次第にその人たちとの関係が近くなり、仲良くなっていくのです。  それでも、なかなか家族以外の人に慣れていかない子がいます。マ…… 続きを読む

本日のカレンダー

9月
28

道は必ずある

There Will Always Be a Way