定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 10月9日付(第2835号)

芸生新聞 10月9日付(第2835号)

発行日
2023年10月9日
価格
57円(本体52円+税)

10月1週目の週末は四国教区、杉並・千代田両教会の聖地参拝が行われます。また、秋田ブロック秋田教会の新殿堂落成式が予定されています。いずれも多くの会員が参加・参列し、信仰ができる喜びと感謝に満ちた時間になりそうです。

ピックアップ

  • 教話 存分に個性を表現しよう(1面)

    千葉第一ブロック千葉教会長・中村育太郎先生による教話です。

    「自分というものをよく理解し、自分らしい表現を心掛けていくと、生きる喜びが味わえます。それにはPLの教えの実行が大いに役立つでしょう」

  • 9月29日 PL祭の日式典(1面)

    パーフェクト リバティー教団が77回目の立教記念日を迎えました。国内外の教会、支所、出張所で式典が挙行され、当日あるいはその前後の日程で記念行事が催されました。詳細は次号で報じます。

  • おしえおやの遂断ありがたく(1面)

    PL教師が実感してきた、尊いおしえおやの遂断についてつづる連載企画。

    今回は、福岡第一ブロック福岡西部教会長の鶴岡謙治先生です。

  • 連載教話 PL流“学童期”の子育て(2面)

    鹿児島ブロック鹿児島教会長・伊東宏先生による連載教話(全4回)の第1回です。

    「心身共に飛躍的な成長を見せるこの6年間をどう育てていくかに親自身がどのくらい意識を向けていけるかが、肝心です」

  • シリーズ PL信仰生活心得教話録(4面)

    過去に掲載した教話の中から「PL信仰生活心得」の箇条に則したものを、厳選してお届けする再録企画です。

    今回は第1条、株式会社光丘の三宅明一先生による「“聞く気で聞く”大切さ」。

    「『自分の聞きたいことを早く聞きたい』『白黒ハッキリさせたい』『心配なところの事実確認をしたい』『こうあるべきと思いながら聞く』『こうしてほしいと思いながら聞く』などなど……。人はもともと周りの人と仲良く楽しくありたいと願っているはずです。それなのになぜ、身勝手な心になってしまうのでしょうか」

    第21条、DS寮長・PL教校助教の板垣徳雄先生による「楽しく毎日を送るには」です。

    「要は、起こってくる全てのことを感謝の心で受け止められるかどうかです。これは思っただけでできることではありません。誠の積み重ね、いわば、日常の実行という訓練が必要となってくるからです」

    『芸生新聞』購読のご案内

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    4月
    25

    物心両面(ぶっしんりょうめん)

    豊かな自己表現を目指し、物は生かして役立てましょう。