定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • 芸生新聞
  • 芸生新聞 2月12日付(第2850号)

芸生新聞 2月12日付(第2850号)

発行日
2024年2月12日
価格
57円(本体52円+税)

2月3日、聖地の一角にあるPL学園で高等学校の卒業式が行われました。卒業生たちが在学中に培ったPL精神を発揮し、社会で活躍することが期待されます。

各地、2月は大きな行事が少ないものの、定例の育成行事や座談会などを通じて信仰と親睦を深めています。

ピックアップ

  • 教話 芸術生活を送るために(1面)

    広島第三ブロック福山教会長・松田幹夫先生による教話です。

    「一般に芸術と聞いて思い浮かべるのは絵画や彫刻、音楽などでしょうが、PLの教えでいう『人生は芸術である』とは、人生そのものがその人の芸術作品であるということです」

  • おしえおやの遂断ありがたく(1面)

    PL教師が実感してきた、尊いおしえおやの遂断についてつづる連載企画。

    今回は、福島ブロック郡山教会長の猪野晨一先生です。

  • シリーズ  PL信仰生活心得教話録(4面)

    過去に掲載した教話の中から「PL信仰生活心得」の箇条に則したものを、厳選してお届けする再録企画です。

    今回は第3条、静岡第二ブロック浜松教会長の武田悟德先生による「常に感謝の気持ちを忘れず日々を過ごしましょう」。

    「感謝の心の深い人は、自然に物事を良い方に考えることができ、周りの人から喜ばれ、楽しく暮らせるのですが、感謝の心が足りないと、不足不満がたまり、楽しくないことが増え、人間関係もぎくしゃくしがちです」

     

    第10条、京都ブロック京都教会長の千葉真道先生による「分かってもらえるように努力する大切さ」です。

    「夫婦がお互いを理解し、立場を尊重しながら十分に表現し合うことが、夫婦で物事を順調に進める大きなポイントなのではないでしょうか?」

    『芸生新聞』購読のご案内

    定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
    初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
    ※PL会員の方は、会費に購読代が含まれています。

    定価 57円(本体52円+税) 講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    送料 42円(1部)
    講読料 3カ月 1,182円(送料込み)
    6カ月 2,364円(送料込み)
    12カ月 4,728円(送料込み)
    お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
    定期購読を申し込む

    本日のカレンダー

    4月
    25

    物心両面(ぶっしんりょうめん)

    豊かな自己表現を目指し、物は生かして役立てましょう。