定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • PL
  • PL2019年3月号

PL2019年3月号

発行日
2019年3月1日
価格
308円(本体280円+税)

春の足音が聞こえてくる3月。出会いと別れに気持ちの浮き沈みを感じる方もいるのでは……。そんな時こそ、楽しくなるよう〝人生を芸術〟してまいりましょう! 今月のPL誌の表紙は、動物園。春の暖かな陽気の中、いきいきとした表情を見せる動物たちの様子をお楽しみください。

特別企画「2019年版 PLカレンダーに学ぶ」は、PartⅢとして21日から31日の標語にまつわるエッセーを掲載します。31日分を改めて読み返し、あなたのお気に入りの標語を見付けてみるのもいいですね。「ココロ満タン×PL青年」のテーマは、「家族に感謝」。就職や結婚、出産などを通して、家族のありがたさ、尊さを実感できる青年期。節目の季節に、改めて家族への感謝の気持ちを表現してみませんか。

 

*特別企画「2018年版 PLカレンダーに学ぶ」掲載のため、連載企画「教話集 人生にPLus!」「誌上解説室 もやっとさんどうぞ」は休載いたします。

マンスリートピックス

  • 特別企画 2019年版 PLカレンダーに学ぶ PartⅢ

    PLの教えのポイントが凝縮されたPLカレンダーの標語を、PL教師が1人1つずつ取り上げて、分かりやすく解説します。標語の捉え方は十人十色。あなたの捉え方はどうですか? PartⅢの3月号では、21日から31日を掲載します。

  • 39-47.indd
    ココロ満タン×PL青年

    忙しい毎日を送る青年の皆さんに贈る「青年特集企画」。オールカラー8ページで、にぎやかにお届けします!

    今月のテーマは「家族に感謝」。皆さんは、日ごろから家族に「ありがとう」を伝えていますか? 感謝の気持ちは、思っているだけでは相手に伝わりません。新しい年度の始まりを間近に控えた3月、家族へ感謝を伝えることの大切さについて、改めて考えてみましょう。

    【データ】どうなっている?! 家族への感謝表現

    【エピソード集】私から… 家族から… 心のこもった「ありがとう」

    【往復書簡】ふだんは口にできない思いを

    【講話】感謝は表現してこそ 倉敷教会長 尾坂保法

  • 1903_できる人
    〝できる人〟になるために 加美弥真教会 川島通資(PL教師)

    大好評の、仕事にまつわる解説シリーズです。3月号では「運を開くための経営学」と題し、PL信仰生活心得第12条「朝は気持ちよく起きます。」の実行の大切さについて説いています。朝起きと経営にどんな関係が!? その解説は本誌にしっかり載っていますよ!

  • スキャン 39.jpeg
    まさる先生のニコニコ人生楽 加美弥真教会 御木 優(PL教師)

    「人生は楽しかるべき」を実践する秘けつについて、今月もまさる先生に教えていただきましょう。今回からは、「PL信仰生活心得」について掘り下げます。自分のすること言うことに〝誠をこめる〟って、具体的にどうすることなのか? あなたは明確に答えられますか?

  • 62-65.indd
    マンガ 花ママ日記 桃栗柿子

    長男・カケルの育児を通して〝花ママ〟こと花子のさまざまな気付きを描く、ほのぼの育児マンガ♪

    就寝前の絵本タイムの後、車にお気に入りのぬいぐるみを忘れたとぐずりだしたカケル。「明日にしよう」となだめる花子の言葉を聞かないカケルですが、その行動には意味があったのです……。

  • 1903_暮らし上手
    ステキ生活応援団 暮らし上手のコツ

    「春の体調不良は〝ツボ押し〟でリフレッシュ」

    春は体調を崩しやすい季節。頭が重い、だるい、イライラするなど、漠然とした春特有の体調不良は、ツボ押しでスッキリと解消しましょう! 編集部オススメのツボは、疲労回復に効く「足三里」と不眠の特効ツボ「失眠」。ツボの詳しい位置は本誌でお確かめを! ホントに効きますヨ☆ 他にも多数のツボをご紹介しています。

  • %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

『月刊PL』購読のご案内

h1-h4.indd

定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
※PL会員の方は、会費に月刊『PL』もしくは月刊『PLASMA』の購読代が含まれています。

定価 308円(本体280円+税) 講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
送料 87円
講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
お問い合わせ 0120-25-2670(弊社営業課)
定期購読を申し込む

本日のカレンダー

12月
16

油断せず過信せず

Avoid Being Careless or Overconfident