定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • PL
  • PL2020年1月号

PL2020年1月号

発行日
2020年1月1日
価格
308円(本体280円+税)

あけましておめでとうございます。2020年も『PL』誌をよろしくお願い申し上げます。

1月号から3月号は、毎年ご好評いただいている『特別企画 PLカレンダーに学ぶ』を掲載いたします。31人のPL教師にPLカレンダー標語を1日分ずつテーマとしていただき、PLの教えにまつわる体験などを盛り込んだエッセーをご執筆いただきます。PLカレンダー標語をより深く味わえるエッセーは必読です!

『ココロ満タン×PL青年』では、「2020 社会貢献プロジェクト〜PL流おもてなしの心〜」と題し、東京オリンピック目前の年明けにふさわしく、自他祝福となる身近な社会貢献や献身について考えます。

 

*連載企画「教話集 人生にPLus!」「マンガ体験談 ある日ある時 2020」は、誌面の都合上、休載いたします。

マンスリートピックス

  • 特別企画 2020年版 PLカレンダーに学ぶ PartⅠ

    31人のPL教師がPLカレンダーの標語を1人1つずつ取り上げ、分かりやすく解説します。PLの教えのエッセンスが凝縮された標語を、しっかりと学べるエッセーです

    PartⅠの1月号では、1日から10日を掲載します。

     

  • ココロ満タン×PL青年

    忙しい毎日を送る青年の皆さんに贈る「青年特集企画」。オールカラー8ページで、にぎやかにお届けします!

    今月のテーマは「2020 社会貢献プロジェクト〜PL流おもてなしの心〜」。オリンピックイヤーとなる2020年、これまで以上に大勢の外国人が日本を訪れることが予想されます。来日した人々に喜んでもらうために、〈自分にできることはないかな〉と感じている人も多いのでは? PLでは、自分の働きによって関わる人が喜んでくれた時に人間本来の幸せを味わうことができる、と説いています。自国でのオリンピック開催は、社会貢献の絶好のチャンス。あなたの個性をいかした社会貢献=献身について考え、実行してみましょう!

    【講話】行き届いた「おもてなし」をするために 杉並教会長 田野崎献太

    【写真企画】小さなことからコツコツと! 私なりの社会貢献

    【手記】〝誰かの力になりたい〟という思いが原動力に ボランティアで人の心の強さ、温かさにふれて

    【インタビュー】教区を挙げての自他祝福プロジェクトに携わって

  • 【新連載】老春にエール 名古屋中央教会長 石井 裕

    シルバー世代の会員の皆様に向けた新連載企画です。PL流の楽しいシルバーライフについて、名古屋中央教会長の石井裕先生にご執筆いただきます。軽妙洒脱な石井先生のエッセーを、ぜひお楽しみください!

  • 誌上解説室 もやっとさん どうぞ

    生活上のさまざまな悩みにもやもやしている〝もやっとさん〟、教会での解説でその突破口を見付けてみませんか? このコーナーではその前に解説のさわりを紹介します。

    今月のお悩みは「仕事編」「子育て編」「人間関係編」の3つ。よりさまざまなお悩みにお答えできるよう、お悩みのジャンルは毎月流動的に変更いたします。さあ、あなたも解説で、心晴れ晴れ〝からっとさん〟に!

    〈お悩み〉

    【仕事編】異性の同僚とうまく付き合えません(男性/24)

    【子育て編】周囲からの暴言や冷たい態度に傷つきます(女性/36)

    【人間関係編】自分の価値観を押し付けてくる人(女性/63)

    回答:東海支所長 木村富貴人

  • ステキ生活応援団 暮らし上手のコツ

    「冬を健康に 感染症を予防しよう」

    冬に流行する代表的な感染症といえば、「風邪」と「インフルエンザ」。これらの感染症の特徴、予防、対策について、詳しくお伝えします。ウイルスに負けない体をつくり、年末年始を元気に過ごしましょう!

     

『月刊PL』購読のご案内

定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
※PL会員の方は、会費に月刊『PL』もしくは月刊『PLASMA』の購読代が含まれています。

定価 308円(本体280円+税) 講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
送料 87円
講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
定期購読を申し込む

本日のカレンダー

8月
15

体を向けて 目を見て 聞こう

Face the Speaker, Make Eye Contact and Listen Carefully