定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • PL
  • PL2016年10月号

PL2016年10月号

発行日
2016年10月1日
価格
308円(本体286円+税)

豊穣の秋を迎えるとともに、自然が大きく変化していく10月。空や空気、植物の色彩、虫の鳴き声など、さまざまな〝移り変わり〟を感じてみましょう。研ぎ澄まされた皆さんの心が、更なる気付きを得られるよう、『PL』10月号も充実した内容でお届けします。

今月の「教話集 人生にPLus!」は、「臨機応変」をテーマに、機に富み変に応じた在り方について考えていきます。「ココロ満タン×PL青年」では、「スポーツで体も心も燃やそう」というタイトルどおり、体を動かす楽しさと効果についてをテーマに、心身ともに健康でいるための在り方をご提案します。

その他、青年世代から壮年・婦人世代、更にはシルバー世代と、さまざまな年代に合った記事満載の一冊です。

マンスリートピックス

  • 教話集 人生にPLus!

    毎月1つのテーマを取り上げ、世代の異なる3人のPL教師が教話を執筆。教義を真正面から説き、実行項目を挙げ、自身の体験談を交えたそれぞれの教話が、あなたの日常に気付きをもたらしてくれるでしょう。

     

    今月のテーマ「臨機応変」

    心を柔らかくして神業に対処 沼津教会長 菅野充訓

    「適宜な手段」を施すために 佐世保教会長 五十嵐三広

    白紙の心境で暮らす PL学園金剛寮 木下孝平

  • 39-47.indd
    ココロ満タン×PL青年

    忙しい毎日を送る青年の皆さんに贈る「青年特集企画」。オールカラーでにぎやかにお届けします!

    今月のテーマは「スポーツで体も心も燃やそう!」。スポーツに最適なこの季節、とは言っても、〈運動なんて面倒くさい〉と思っている方も多いのでは? 体を動かすことは、体だけでなく心の健康にもつながるーーそれを実証するさまざまな体験談と専門家アドバイスが、そんな怠け心を吹き飛ばします!

     

    【講話】

    マラソンとの出合いが教えてくれたもの 淡路教会長 木本保近

    【手記】

    目標を持って健康的な日々を

    私の合気道とは〝自分を知ること〟

    テニスで笑顔いっぱいに!

    【写真企画】

    集まれ! スポーツ青年

    【専門家アドバイス】

    自分に合った運動量を意識して

  • pl-eyes
    PL eyes 〜世の中これでいいの?〜

    さまざまな時事問題を取り上げ、PLの教えを元に「本当にこれでいいのか?」と鋭い目線で掘り下げていく連載エッセーです。今月号からは筆者が変わり、PL学園金剛寮寮長・武田悟徳先生にバトンタッチ。

    自分の主張を是とし、他の立場や考えを顧みようとしない在り方が蔓延する昨今。それを象徴する世界のニュースを取り上げ、「自他祝福」の真理について改めて考えます。

  • 56-61.indd
    誌上解説室 もやっとさん どうぞ

    生活上のさまざまな悩みにもやもやしている〝もやっとさん〟、教会での解説でその突破口を見付けてみませんか? このコーナーではその前に解説のさわりを紹介します。

    今月のお悩みは「仕事編」「家庭編」「育児編」の3つ。よりさまざまなお悩みにお答えできるよう、お悩みのジャンルは毎月流動的に変更いたします。さあ、あなたも解説で、心晴れ晴れ〝からっとさん〟に!

     

    〈お悩み〉

    【仕事編】ドライ過ぎる上司と先輩

    【家庭編】子供に過干渉な妻

    【育児編】上の子がかわいいと思えない

    回答:中津支所長 藤原 勝

  • %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
  • 赤ちゃんバナー のコピー

『月刊PL』購読のご案内

h1-h4.indd

定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
※PL会員の方は、会費に月刊『PL』もしくは月刊『PLASMA』の購読代が含まれています。

定価 308円(本体286円+税) 講読料 12カ月 4,680円(送料込み)
送料 82円
講読料 12カ月 4,680円(送料込み)
お問い合わせ 0120-25-2670(弊社営業課)
定期購読を申し込む

本日のカレンダー

3月
20

初心と経験のバランスを大切に

Find a Good Balance Between Your Present and Past Experiences