定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • PL
  • PL2023年10月号

PL2023年10月号

発行日
2023年10月1日
価格
308円(本体280円+税10%)

今月の表紙を彩っている、まん丸いフォルムが特徴的なコキア。7月中旬からの新緑期を終え、9月から徐々に紅葉を始めています。表紙のような真っ赤なコキアが見られるのは10月以降。日々移ろいゆく緑から赤へのグラデーションは絶景です。季節の流れを感じつつ、『PL』誌をお楽しみください。

『5分で読める今月の教話』のテーマは「すべては自己表現の素材」です。PLでは、目の前に現れてくることは自分の芸術の素材、自己表現の素材と説かれています。自分の受け止め方や表現の仕方次第で、状況はより良いものへと変わっていく、ということを学び、実行を通して豊かな毎日を送りましょう。

『PL青年特集企画』は、「苦手な人が現れたら…」と題し、対人関係がテーマです。苦手な人との上手な付き合い方について、具体的な捉え方や実践法をお伝えします。

マンスリートピックス

  • 5分で読める今月の教話

    毎月1つのテーマに基づき、3人のPL教師に教話を執筆いただきます。ちょっとした隙間時間で読んでいただける教えのお話は、日常の中ですぐに実行できる内容です。

    今月のテーマ「すべては自己表現の素材」

    心の持ち方で、楽しくありがたいことになる 鶴岡教会長 菅野知幸

    自他祝福の豊かな毎日が待っている 福岡西部教会長 鶴岡謙治

    積極的な気持ちで神業を芸術する 名古屋中央教会詰 平野世時

  • PL青年特集企画

    忙しい毎日を送る青年の皆さんに贈る「青年特集企画」。今月のテーマは「苦手な人が現れたら…」です。

    〈この人苦手だな〉〈あの人と私は合わないな〉と感じてしまう時に生まれてくるのが、相手への苦手意識。でも、人にはそれぞれに個性があり、性格も好みも異なるもの。ですから、自分との違いや嫌だなと思う部分が気になる人=苦手な人、と決め付けるのは早計では? どんな人に対しても、個性を尊重し、良い部分に目を向けていくことで、仲良くお付き合いすることができるもの。その具体的な実践方法について、PLの教えに基づいて考えていきましょう。

     

    【アンケート】

    苦手な人からも学ぼう!

    【Q&A】

    苦手と感じる人への対処法 回答 茨木教会長 田中久嗣

    【手記】

    相手から離れるのではなくもっと近づいてみる

    自分を成長させてくれる貴重な「教科書」

    【講話】

    人の良いところを発見する楽しさを味わおう 帯広教会長 藤井映文

  • 夫婦力UPガイド

    毎月1組のPL教師と教師夫人のご夫妻にご登場いただき、お2人の「夫婦円満の秘けつ」を3項目挙げていただきます。今回は、伊丹教会長の原田健児先生と原田亜紀さんご夫妻です。

    結婚26年目になる原田先生ご夫妻。項目全てに共通するのは、パートナーを思いやる心です。相手を思いやる言動が夫婦の絆を深めてくれる、という実感が込められたステキなエピソードです。

  • マンガ 花ママ日記

    大好評連載中の育児マンガです。3歳の男の子・カケルの育児に奔走する花子のドタバタな毎日には、PLの教えから見るとたくさんの気付きや学びがあるようです。

    カケルが昼寝をしている間に衣替えをしようと思い付いた花子。でも、〝思いどおりにいかない〟展開は育児中のママにとっては当たり前!? 案の定、カケルが起き出してしまい……。

  • エッセー ステキな毎日はあなた次第

    大本庁の錬成課課長・板垣愛子先生のエッセーです。いつもニコニコ笑顔の〝愛子先生〟が、ご自身の信仰体験を踏まえつつ、PLの教えに依った楽しい生き方をご提案します。

    今回から、数回にわたって「諦める」ことについて考えます。「諦める」とは、何かを途中でやめる、というような後ろ向きなイメージが先行しますが、実はそうではない、と愛子先生はおっしゃいます。ご自身のエピソードを絡めつつ説いてくださる「諦める」の本来の意味について、ぜひ皆さんもじっくりとお考えください。

  • ブラッシュアップ!PL生活

    毎月PLの教えの基本を掲載している本企画に、8月号から「PLの礼拝フォーム」が新連載として始まりました。イラスト入りで詳しくご紹介します。

    第3回は「無我の式(むがのしき)」について。無我の式とは、無念無想の心になること。おなかの前で両手の指を組み合わせ、親指同士でだ円形を作ります。礼拝での神に対する正しい姿勢について、見直す際の参考にご活用ください。

『月刊PL』購読のご案内

定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
※PL会員の方は、会費に月刊『PL』もしくは月刊『PLASMA』の購読代が含まれています。

定価 308円(本体280円+税) 講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
送料 87円
講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
定期購読を申し込む

本日のカレンダー

4月
25

物心両面(ぶっしんりょうめん)

豊かな自己表現を目指し、物は生かして役立てましょう。