定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • PL
  • PL2023年11月号

PL2023年11月号

発行日
2023年11月1日
価格
308円(本体280円+税10%)

秋も深まり、紅葉の季節となりました。PL誌の表紙も、表裏全面に〝真っ赤な秋〟が描かれています。ダイナミックな紅葉の風景を、PL誌でもぜひお楽しみください。

『5分で読める今月の教話』のテーマは「協力してもらえる人に」です。人は、社会生活を営む中で、さまざまな人の知恵や力を借りて生きています。一人でできることには限界があり、大きな物事を成し遂げるには多くの人の協力が必要です。協力してもらえる人になるための心がけについて、3つの教話から学びましょう。

また、今月は『特別企画』として「介護を芸術する」を掲載しています。高齢化が進む昨今の日本、介護は多くの人が直面している問題です。介護に携わるにあたっての大切な在り方について、PLの教えの実践で気付かせていただける人になりましょう。

 

※『特別企画』掲載のため、『PL青年特集企画』は休載します。

マンスリートピックス

  • 5分で読める今月の教話

    毎月1つのテーマに基づき、3人のPL教師に教話を執筆いただきます。ちょっとした隙間時間で読んでいただける教えのお話は、日常の中ですぐに実行できる内容です。

    今月のテーマ「協力してもらえる人に人」

    どんな人も肯定し、気付いたことをすぐに実行する 大阪中央教会長 丸山 登

    いつでも誰に対しても結べる人は結びを頂ける 曙教会長 原内登久夫

    神様に味方についてもらえるような心境を 今治教会詰 浜田真理大

  • 特別企画「介護を芸術する」

    今月は、介護にまつわる「特別企画」をお届けします。

    高齢化が進む日本。介護は社会全体が抱える大きな問題の一つです。PLで説かれている「創意工夫」「誠を込める」「神業のまにまに暮らす」などを実行して、介護においても必要なことに気付かせていただける人になれるといいですね。

    介護の専門家や行政のサポートを受けることと同じように、PLの教えからも学び、生かしながら、介護を〝芸術〟していきましょう。

     

    【講話】相手を理解し、寄り添い、共感する 岡山教会長/西大寺教会長 宮本春喜

    【手記】夫とのかけがえのない4年間

    【インタビュー】白紙の心で利用者さんに寄り添いたい

    【Q&A】お悩み相談室

  • PL流〝心のこなし〟研究室

    PL教校長・石井裕先生の連載企画です。その場に合った身のこなしをする人の姿が美しく見えることと同様に、その場に合った〝心のこなし〟も〝人生を芸術する〟上ではとても大事なことです。PLの教えに沿って学び、実践していきましょう。

    「ミスタープロ野球」と呼ばれる長嶋茂雄さんの引退試合を観戦する幸運に恵まれた石井先生。誰もがうらやむ世紀の瞬間に立ち合ったものの、長嶋さんの〝あるセリフ〟に引っかかりを覚えてしまい……。

  • 夫婦力UPガイド

    毎月1組のPL教師と教師夫人のご夫妻にご登場いただき、お2人の「夫婦円満の秘けつ」を3項目挙げていただきます。今回は、倉敷教会長の藤原勝先生と藤原ゆかりさんご夫妻です。

    相手を思い、相手に喜ばれる在り方を、と心がけるお2人の姿勢が込められた3項目は必見です。青年さん方へのメッセージは、思わず「ステキ!」と声を上げたくなる素晴らしい内容です。

  • ブラッシュアップ!PL生活

    毎月PLの教えの基本を掲載している本企画に、8月号から「PLの礼拝フォーム」が新連載として始まりました。イラスト入りで詳しくご紹介します。

    第4回は「日象の式(にっしょうのしき)」について。日象の式に込められた意味や正しい形、ポイントなど、実践しながら身に付けていきましょう。

  • エッセー ステキな毎日はあなた次第

    大本庁の錬成課課長・板垣愛子先生のエッセーです。いつもニコニコ笑顔の〝愛子先生〟が、ご自身の信仰体験を踏まえつつ、PLの教えに沿った楽しい生き方をご提案します。

    前回同様、「諦める」ことについて考えます。「諦める」とは、何かを途中でやめる、というような後ろ向きなイメージが先行しますが、実はそうではない、と愛子先生はおっしゃいます。夫の板垣欽一郎先生のお父さまが急逝された時も、「諦める」ことで道がひらけたそうです。そのエピソードは本誌でじっくりお読みください。

『月刊PL』購読のご案内

定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
※PL会員の方は、会費に月刊『PL』もしくは月刊『PLASMA』の購読代が含まれています。

定価 308円(本体280円+税) 講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
送料 87円
講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
定期購読を申し込む

本日のカレンダー

4月
25

物心両面(ぶっしんりょうめん)

豊かな自己表現を目指し、物は生かして役立てましょう。