定期刊行物

  • TOP
  • 定期刊行物
  • PL
  • PL2024年3月号

PL2024年3月号

発行日
2024年3月1日
価格
308円(本体280円+税10%)

3月の代表的な異称「弥生」は、「いよいよ草木が茂る」という意味の言葉「弥生(いやおい)」が由来とされています。新たな季節を迎える聖地でも、今月の表紙のように、そこかしこに春が顔を見せるころ。弾む心で信仰心も育んでまいりましょう。

1月号から3号にわたってお届けする、『特別企画 2024年版 PLカレンダーに学ぶ』。今月は21日から31日までの四字熟語をテーマにしたエッセーです。

『PL青年特集企画』は、「せっかちさんの処方せん」と題し、急ぎ心にとらわれず〝今〟を味わいながら自己表現していく大切さについて考えます。

 

※連載企画『5分で読める今月の教話』『介護体験手記』『拝啓 未来の私へ』『隼太先生のPL青年必修!ゼミ』は休載いたします。

マンスリートピックス

  • 特別企画 2024年版 PLカレンダーに学ぶ PartⅢ

    2024年版の「芸術生活カレンダー」は、31の四字熟語を取り上げてPL流に解釈し、その説明文を添えています。見慣れたものからあまり耳なじみのないものまで、古人が込めた教訓とともに、PLの教えを交えてじっくりと味わってみましょう。人生をより良くするヒントが見えてきます。

    PartⅢの3月号では、21日から31日を掲載します。

     

     

  • PL青年特集企画「せっかちさんの処方せん」

    忙しい毎日を送る青年の皆さんに贈る「青年特集企画」。今月は「せっかちさんの処方せん」です。

    アレもコレもと、すること・したいことが満載の青年世代は、心が先へ先へと急ぎがち。慌てていろいろなことをこなそうとしても、心と体が一致せず失敗続き……なんてこと、ありませんか?

    PL処世訓第5条「感情に走れば自己を失う」などで説かれているように、急ぐと時理(神様のタイミング)を軽視することになり、より良い自己表現ができにくくなります。そうならないための、PL流の処方せんをご用意いたしました。

     

    【アンケート】私のイライラ&せかせかエピソード

    【雑学】せっかちに偏らないヒント

    【手記】

    意外にせっかちであることを自覚して……

    じっくり物事と関われる自分を目指す

    【インタビュー】大切な人のことを思いながら

    【講話】目の前のことに心も体も全てを注ぐ 光丘教会長 石田文則

     

  • 夫婦力UPガイド

    毎月1組のPL教師と教師夫人のご夫妻にご登場いただき、お2人の「夫婦円満の秘けつ」を3項目挙げていただきます。今回は、新居浜教会長の五十嵐三広先生と五十嵐美子さんご夫妻です。

    夫婦がいつも互いを思いやることの大切さがしみじみと感じられる3項目です。最後の「青年たちへ」のコメントは、「なるほど!」と思わずにはいられないステキなアドバイスです。

  • 【最終回】ルンルン子育て講座

    軽妙な語り口でPL流の子育てについて説いていただいてきた本企画、今号で最終回となりました。順調な時こそ気を引き締めることの大切さ、親として常にわが身を振り返ることなど、総論を掲載しています。

    次回の4月号からは、子育てにまつわる新連載教話がスタートします! お楽しみに。

  • ブラッシュアップ!PL生活

    毎月PLの教えの基本を掲載している本企画。「PLの礼拝フォーム」では、イラスト入りで礼拝フォームの細やかな所作をご紹介しています。

    第8回は「座礼」です。立礼とは異なる両手の位置など、ポイントを細やかに分かりやすくお伝えします。

     

  • エッセー ステキな毎日はあなた次第

    大本庁の錬成課課長・板垣愛子先生のエッセーです。いつもニコニコ笑顔の〝愛子先生〟が、ご自身の信仰体験を踏まえつつ、PLの教えに沿った楽しい生き方をご提案します。

    今回は物事の捉え方について。目の前に現れた物事が大変であればあるほど、私たちはうろたえがち。そんな時、どんな心境で向き合えばいいのか。実感のこもったアドバイスは必見です。

  • ♪☆♪☆♪赤ちゃん写真大募集!♪☆♪☆♪

    年に一度の人気企画『赤ちゃん大集合!』、2024年も6月号で掲載予定です! 生後1歳までの子供さんやお孫さんのかわいい写真に、妊娠時や出産時、育児にまつわるエピソードを添えてご投稿ください。

    応募の詳細は下記の『赤ちゃん大集合!』のバナーをクリック!!

『月刊PL』購読のご案内

定期購読を希望される方は、ページ上部の「定期購読」または下部の「定期購読を申し込む」からメールフォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。
初回発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますので、お近くの郵便局からご入金ください。
※PL会員の方は、会費に月刊『PL』もしくは月刊『PLASMA』の購読代が含まれています。

定価 308円(本体280円+税) 講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
送料 87円
講読料 12カ月 4,740円(送料込み)
お問い合わせ 0721-26-1052(弊社営業課)
定期購読を申し込む

本日のカレンダー

4月
25

物心両面(ぶっしんりょうめん)

豊かな自己表現を目指し、物は生かして役立てましょう。