定期刊行物

短歌芸術2017年11月号

発行日
2017年11月1日
価格
500円(本体463円+税)

毎月最大5首まで投稿でき、選者によって選ばれた歌が掲載されます。
小学生から大人まで、どなたでも気軽に短歌に触れていただける月刊誌です。

身辺の事象を、投稿者の言葉で五七五七七の歌に編み上げる——日々の暮らしの中にある感動が滲む31文字をぜひ味わってみてください。

  • 「作歌の取り組み例」

    ・右田 次男様

    「…読む・作る・添削(学ぶ)…」です。

  • 「短歌と教え」

    ・加美弥真   山崎 剛一様の寄稿

    「今も叱咤激励されて」です。

  • 「私の心に残る歌」

    ・平塚   緇荘 悌嗣様の心に残る歌は、小宅圭介先生の短歌

    「雪深く降りつもりたる羽曳野の丘の下べよひよ鳥の啼く」他6首です。

  • 随想 「短歌と外国布教」

    ・加美弥真 小野 久彦様の

    連載第5回「かの日 種播きし人」です。

  • 「小学生の作品」

    ・平戸支舎 小学五年生 塩飽 算様

    「教祖祭代々教祖に感謝をし新たな決意固めて祈る」

     

    ・鹿児島支舎 小学六年生  桑元 結加様

    「夏休みバトンレッスンがんばろうマーチングではダブルをとるぞ」

    本日のカレンダー

    8月
    14

    「でも」「だが」「しかし」のタイミング

    Think of the Timing Before You Say “but…”