定期刊行物

短歌芸術2020年5月号

発行日
2020年5月1日
価格
500円(本体455円+税)

毎月最大5首まで投稿でき、撰者によって選ばれた歌が掲載されます。

小学生から大人まで、どなたでも気軽に短歌に触れていただける月刊誌です。

身辺の事象を、投稿者の言葉で五七五七七の歌に編み上げる–日々の暮らしの中にある感動が滲む31文字をぜひ味わってみてください。

今月の読み物

  • 磯和 格 様

      病床詠 「藤の花ぶさ」

    「瓶(かめ)にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり」

    俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆などの創作活動を行い日本の近代文学に多大な影響を及ぼした正岡子規。病弱な子規は34歳の若さで死去、その前年に掲載された歌です。

  • 「短歌ランダムウォーク」

    石井 裕様 の寄稿

    「喜びの阿賀野川、悲しみの阿賀野川2」

    阿賀野川流域の鹿野地区をたびたび訪れていた折戸まんさん。新潟水俣病の元凶の地に住む友へのやさしさ、心の痛みが響いてきます。

  • 随想 「短歌と外国布教」

    加美弥真 小野 久彦様の

    連載第35回「海外布教こぼれ話……⑯ 拠点さがしの難関J」です。

    本日のカレンダー

    8月
    8

    「よし!」と思って取り掛かろう

    Start by Thinking “Let’s Do It!”