定期刊行物

短歌芸術2021年3月号

発行日
2021年3月1日
価格
500円(本体455円+税)

毎月最大5首まで投稿でき、撰者によって選ばれた歌が掲載されます。

小学生から大人まで、どなたでも気軽に短歌に触れていただける月刊誌です。

身辺の事象を、投稿者の言葉で五七五七七の歌に編み上げる–日々の暮らしの中にある感動が滲む31文字をぜひ味わってみてください。

今月の読み物

  • 磯和 格 様

    「子どもの遊ぶ春」

    「土の上に白き線(すぢ)引きて日暮れまで子どもの遊ぶ春となりにけり」

    この歌は、大正期を代表する歌人の一人、島木赤彦の作品です。

  • 「短歌ランダムウォーク」

    石井 裕様 の寄稿

    第三代教祖の連載「恭草」を読んで

  • 「私の心に残る歌」

    万代  谷口 留美子様の心に残る歌は、娘が病と向き合う中で、その成長を歌に残したいと短歌を作り始めたその横でうたをつくりはじめた娘さんの

    「あっ雲がオレンジ色に光ってる少し動いた風がつよいよ」他3首です

     

  • 「私の心に残る歌」

    千代田  結城 淑子様の心に残る歌は、ご主人の闘病の辛い日々を送る中で短歌に出会い指導を受けたF先生の

    「悲しみは心あたたむことなるを知らしむ道を人と歩まな」2首です。

  • 随想 「短歌と外国布教」

    加美弥真 小野 久彦様の

    連載第45回「海外布教こぼれ話…オセアニアⒺ」です。

    本日のカレンダー

    8月
    8

    「よし!」と思って取り掛かろう

    Start by Thinking “Let’s Do It!”