定期刊行物

短歌芸術2021年5月号

発行日
2021年5月1日
価格
500円(本体455円+税)

身辺の事象を、投稿者の言葉で五七五七七の歌に編み上げる–日々の暮らしの中にある感動が滲む31文字をぜひ味わってみてください。

今月の読み物

  • 旅情「南瓜の棚」

    磯和 格 様

    「目醒むればわが家にあらずさはやかに南瓜の棚に朝の日映ゆる」

    この歌は、大正、昭和の歌人、高田浪吉の作品です。

    「アララギの三吉の一人PLに在りとしいはば人いぶからむ」二代教祖詠

    晩年はPLの教学部で短歌芸術の編集に携わりました。

  • 「短歌ランダムウォーク」

    石井 裕様 の寄稿

    客観的事実の追求という束縛からの解放

    —恭草第6回の意味するもの—

  • 「私の心に残る歌」

    滋賀 進藤雅子様の心に残る歌は新聞のコラム欄で出合った有沢蛍さんの

    「三十一回五十音図を読む友に頷きながら歌は生まるる」ほか3首です。

  • 随想 「短歌と外国布教」

    加美弥真 小野 久彦様の

    連載第47回「海外布教こぼれ話…オセアニアⒼ」です。

    本日のカレンダー

    8月
    8

    「よし!」と思って取り掛かろう

    Start by Thinking “Let’s Do It!”