コラム

Lesson24 ヒマワリの花のサラダ

食育レシピ
Lesson24-1

冬至に食べる風習があるカボチャですが、実はこれから収穫期を迎える夏野菜の一種なのです。
今回はそんなカボチャを使って、夏の花の代名詞〝ヒマワリ〟を模した盛り付けで一工夫した一品。手軽にできて、温めても冷やしてもおいしい、とても栄養価の高いサラダです。
白ワインやビールのオードブルとしてもOK。鮮やかな黄色が食卓を彩り、暑さを忘れさせてくれるはずです。

『芸生新聞』2017年7月10日付号掲載

材料(4人分)

カボチャ 300g
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1
塩・コショウ 少々
トマト 中1個
<ヴィネグレットソース>
白ワインビネガー 大さじ1
レモン汁 大さじ1
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2

作り方

  1. 1.

    カボチャは皮をむき、5㎜の厚さに切る。トマトは種を除き、5㎜の角切りにする。

  2. 2.

    フライパンにエキストラバージンオリーブオイルを入れ、一面にカボチャを並べ塩・コショウをし弱火で火を通す。

  3. 3.

    ヴィネグレットソースの材料を全て混ぜ合わせる。
    ※5㎜角にしたトマトに少量からませる。

  4. 4.

    を皿にヒマワリの花のように並べる。

  5. 5.

    の上にをかけ、周りにトマトの角切りを飾る。
    ※食べる時は皿の上でよく混ぜる。

簡単! 食育レシピ教室

食育とは、「食」に関する知識(食材の旬や調理方法、栄養のことなど)を得ることだけではなく、もっと広い意味を持っています。団らんの場を増やし、食生活を通して健康増進を図るきっかけになり、またマナーやコミュニケーション力を養うことにもつながります。
食が築く健全で豊かな毎日が、皆様の明るく、楽しく、輝いた自己表現の助けになりますよう、季節に沿った身近なレシピを紹介します。

料理研究家 海野恵子(PL静岡中央教会所属)

カテゴリー

本日のカレンダー

8月
17

やればできる力を皆秘めている