コラム

夫婦がいつまでも明るく楽しく暮らすための秘訣は何でしょう。妻が、夫が相手を思いやり、共感し、認め合い、励まし合う…… 何でも分かっているつもりでいても、新しい発見がきっとそこにあります。日々の暮らしの中で感じたこと、気付いたことなどを手記でお届けします。

Episode8「新しい発見」

夫婦 web限定
peaco
ペンネーム
peaco
年齢
40代
家族構成
夫、長女(16歳)、次女(14歳)、長男(13歳)
18

春から夏へと季節が変わるころ、私は夫が毎日着る服を選ぶのに苦労していました。
〈何を着せたらいいかな〉〈今日の外出はどんな服装がいいかな〉〈いい服装が思い浮かばないな……〉と夫の服装を選んでいた時、面倒くさい気持ちになっていました。
そんな時、〈そうだ! 夫に選んでもらおう!〉と気付いたのです。
そこで、上着に合わせるためのシャツをハンガーに掛け、食卓に座っていた夫の前に持っていきました。
夫は、洋服をかわるがわる見ながら、「あ、これはいいね。」とか「これは第2案にとっておこう。」「出掛ける前に寒かったらこの服装がいいね。」「暑くなったらこの服装で。」などと言ってくれて、私なら選ばないであろう組み合わせの服を3つ選んでくれました。
私は、服が決まったのもうれしかったのですが、夫が楽しそうに一緒に選んでくれたことがとてもうれしく思いました。
どちらかというと、夫はふだんあまり自分の思いを表現する方ではないのですが、この服選びを通して、服に関して何を考えているのかが、より理解できたのも新たな発見でした。
これからも、妻として、夫が喜んでくれる在り方を探しながら、心ほのぼのとした日々を過ごせたらと思います。

あなたにお勧めしたい商品
暮らしを彩るPL信仰生活子心得(帯有)

暮らしを彩るPL信仰生活心得

幸せな生活を送るために知っておくべきことを、箇条書きで示してあるのが「PL信仰生活心得」です。では、心得の一箇条一箇条をどのように受け止め理解すれば、実行しやすいのでしょうか。そのガイダンスとして、「暮らしを彩るPL信仰生活心得」が生まれました。 私たちは自由に生きる力を与えられています。その力を思う存分発揮して、目の前に現れてくる物事が嫌なことであっても、また、都合の悪いことであっても、その物事に対して、自由に、楽しく対応することができるのです。(「本文」より)

カテゴリー

本日のカレンダー

11月
18

新しきを認め、古きを認め