コラム

  • TOP
  • コラム
  • Lesson5 ジャスミン茶のゼリー ハーブのソース添え

Lesson5 ジャスミン茶のゼリー ハーブのソース添え

食育レシピ

暑い季節、食後のデザートで口の中もさっぱりと♪ ソースにレモン系のハーブを使うことで、爽やかさもup!
ジャスミンはハーブの中でも香りの良さは1、2を争うほどで、その成分には鎮静作用や脂肪の分解を助ける働きがあります。
子育て世代にとって、夏はお茶の「量」に目がいきますが、家族そろって楽しむ、お茶の有り様も考えてみましょう。
ウーロン茶、焙じ茶、緑茶でも作ってみてください。

『芸生新聞』2015年7月13日付号掲載

材料(4人分)

ジャスミン茶 10g
熱湯 550cc
グラニュー糖 小さじ1
板ゼラチン 15g
<ソース>
ミントの葉 5枚
レモングラス 2本
200cc
グラニュー糖  大さじ6

作り方

  1. 1.

    ボウルにジャスミン茶を入れ、熱湯を注ぎ、3分置く。

  2. 2.

    1をこす。その中にグラニュー糖を入れて溶かす。(温度を50℃まで下げる)

  3. 3.

    氷水にふやかした板ゼラチンの水分を軽く絞り、2の中に入れる。(※板ゼラチンは夏は必ず氷水につけること! 室温が高いので、水につけると溶けてしまいます)

  4. 4.

    ガラスの器に7分目入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

  5. 5.

    ソースの水とグラニュー糖をミキサーにかけ(3分間)、ガムシロップを作る。

  6. 6.

    蓋付きのビンの中に5を入れ、ミントの葉、レモングラスをちぎって入れる。(香りを付ける)

  7. 7.

    固まった4の上に流す。

簡単! 食育レシピ教室

食育とは、「食」に関する知識(食材の旬や調理方法、栄養のことなど)を得ることだけではなく、もっと広い意味を持っています。団らんの場を増やし、食生活を通して健康増進を図るきっかけになり、またマナーやコミュニケーション力を養うことにもつながります。
食が築く健全で豊かな毎日が、皆様の明るく、楽しく、輝いた自己表現の助けになりますよう、季節に沿った身近なレシピを紹介します。

料理研究家 海野恵子(PL静岡中央教会所属)

カテゴリー

本日のカレンダー

8月
10

面白いと思えば 順応しやすい

It’s Easier to Adapt to Something When We Find It Interesting