コラム

  • TOP
  • コラム
  • Lesson11 ヒラタケシメジとベーコンのキッシュ

Lesson11 ヒラタケシメジとベーコンのキッシュ

食育レシピ
lesson11

季節の変わり目は免疫力が低下しやすいため、抗酸化作用のあるキノコをたっぷり使った料理がオススメ! 今回は、冬の「ブナシメジ」に代わってこれから出回る「ヒラタケシメジ」を使ったキッシュです。
蒸した春野菜にリンゴを少し加えたサラダと一緒に朝食に並ぶと、思わず家族の顔が綻ぶでしょう。
パリッとした食感の良いパイ生地を作るコツは、生地を高温でじゅうぶん火入れし、残り時間は温度を下げて空焼きにすることです。

『芸生新聞』2016年4月11日付号掲載

材料(4人分)

市販のパイシート 230g
薄切りベーコン 200g
ヒラタケシメジ 1パック
A
全卵 140g
牛乳 140g
生クリーム(乳脂肪分47%) 140g
ナツメグ 少々
塩・コショウ 少々

作り方

  1. 1.

    市販のパイシートは5㎜厚の円形(28㎝)に伸ばし、タルト型(22㎝)に入れ、冷やす。

  2. 2.

    1を200度のオーブンで半空焼きする。

  3. 3.

    フライパンに5㎜の棒切りにしたベーコンを入れ、油が出るまでいためる。その中に粗みじん切りにしたヒラタケシメジを入れ、いためて冷ます。

  4. 4.

    の材料を全部ボウルに入れて混ぜる。

  5. 5.

    2の中に3を敷き詰め、4を注ぎ入れる。200度のオーブンで焼き、表面に膜が張ったら温度を160度に下げて焼く。(全体の焼き時間は約25分間)

簡単! 食育レシピ教室

食育とは、「食」に関する知識(食材の旬や調理方法、栄養のことなど)を得ることだけではなく、もっと広い意味を持っています。団らんの場を増やし、食生活を通して健康増進を図るきっかけになり、またマナーやコミュニケーション力を養うことにもつながります。
食が築く健全で豊かな毎日が、皆様の明るく、楽しく、輝いた自己表現の助けになりますよう、季節に沿った身近なレシピを紹介します。

料理研究家 海野恵子(PL静岡中央教会所属)

カテゴリー

本日のカレンダー

7月
18

“即対応”の気持ち良さ

You Will Feel Better When You Take Immediate Action