コラム

Lesson15 季節のフルーツテリーヌ

食育レシピ
%e9%a3%9f%e8%82%b2%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%9415-2

残暑が厳しい9月に、すぐ作れて、優しい口溶けのデザートはいかがでしょう。今年は夏のフルーツがどれもとても甘く、おいしいので、ぜひ、いろいろな組み合わせでお楽しみください。
粉寒天は棒寒天より使いやすく、ゼラチンと違って一度固まれば溶けることはありません。3〜4日は冷蔵庫でだいじょうぶです。
真っ白な寒天の中に色とりどりのフルーツが見えて、とてもきれいです。食卓に花を添える一品にいかがですか。

『芸生新聞』2016年9月12日付号掲載

材料(4人分)

A
粉寒天 6g
300cc
B
ココナツミルク 200g
牛乳 200g
グラニュー糖 65g
フルーツ(季節感と彩りを考えて選びましょう)
キウイ 2個
マンゴー 1個

作り方

  1. 1.

    キウイは種の部分を除いて1㎝の棒切りに、マンゴーは5㎜厚のスライスにして、棒切りにする。

  2. 2.

    鍋にAを入れて、火にかけ、沸騰したら2分くらいホイッパーでよく混ぜて、火からおろす。

  3. 3.

    別の鍋にBを入れ、グラニュー糖が溶けるまで火入れする。

  4. 4.

    23を合わせてよく混ぜ、粗熱を取る。

  5. 5.

    20cmのパウンド型(事前に冷やしておく)に4を1㎝くらい流し入れ、固まってきたら、キウイを並べる。

  6. 6.

    5の上にキウイが隠れるまで4を流し入れて、固める。

  7. 7.

    マンゴー、キウイと交互に6の工程を繰り返し、最後に4を流して、冷蔵庫で冷やし固める。

簡単! 食育レシピ教室

食育とは、「食」に関する知識(食材の旬や調理方法、栄養のことなど)を得ることだけではなく、もっと広い意味を持っています。団らんの場を増やし、食生活を通して健康増進を図るきっかけになり、またマナーやコミュニケーション力を養うことにもつながります。
食が築く健全で豊かな毎日が、皆様の明るく、楽しく、輝いた自己表現の助けになりますよう、季節に沿った身近なレシピを紹介します。

料理研究家 海野恵子(PL静岡中央教会所属)

カテゴリー

本日のカレンダー

7月
18

“即対応”の気持ち良さ

You Will Feel Better When You Take Immediate Action