コラム

  • TOP
  • コラム
  • 思春期編その7「反抗期が来ても、気長に見守り続ける姿勢を」

思春期編その7「反抗期が来ても、気長に見守り続ける姿勢を」

親子コミュニケーション

 今は大人でも子供でも、分からないことがあると、すぐにスマートフォンやタブレットで答えを見つけられるようになりました。大人ならよく経験する「ほら、あれ、えーっと、なんて名前だったっけ」とか「あの映画に出てた人、誰だったっけ」というような場面でも、サクサクッと調べて、「これです」と正解を出せるようになりました。

 半面、思い悩むことなく、すぐに答えが出ることに慣れると、大人も子供も、我慢ができなくなってきたように感じます。子育ては、そうはいきません。すぐに結果は出ませんし、正解といえるものにたどり着くのも難しいのです。

 人間の成長には時間が必要です。どうしていいのか分からなくても、〈これ!〉という正解はないですし、〈あっちにした方が良かったんじゃないか〉と後悔することもあります。

 スマホで答えを検索するように、子育ては解答がすぐに出るわけではありません。親だから子供のことが気になるのは当たり前、すぐにどうしていいのか分からずに悩むのも当たり前です。

 だからこそ待つことができない現代では、親の忍耐が更に必要になってきたといえるのかもしれません。成績がすぐに上がらなくても、反抗期がやってきても、気長に見守り待つ姿勢を心掛けることで、親力が培われていきます。

『芸生新聞』2022年5月2日付号掲載

臨床心理士の考える子育てのヒント

1998年から中学校のスクールカウンセラーを始め、現在、兵庫県内の小・中・高で生徒、教師、親の相談を受けている。こころの悩み相談「コミュニケーションズサポート」代表。PL学園高等学校卒業。

川嵜由起美(かわさきゆきみ)臨床心理士・公認心理師

カテゴリー

本日のカレンダー

8月
10

面白いと思えば 順応しやすい

It’s Easier to Adapt to Something When We Find It Interesting