コラム

  • TOP
  • コラム
  • Lesson17 鶏(とり)もも肉の昆布煮 コリアンダー風味のヴィネグレットソース添え

Lesson17 鶏(とり)もも肉の昆布煮 コリアンダー風味のヴィネグレットソース添え

食育レシピ

〝うちパク〟(家庭でパクチーを食すこと)や〝外パク〟(外食時にパクチーを食すこと)といった造語が生まれるほど、今年の夏からコリアンダー(パクチー)を使った料理が注目を集めています。
「癖の強い香りが苦手」という人もいるでしょうが、卵、トマトなどと合わせると大変身! 食材が引き立つ香り深い料理に仕上がり、食欲も増すはずです。
また、抗酸化作用も強いので免疫力アップにもオススメです!

『芸生新聞』2016年11月14日付号掲載

材料(4人分)

鶏もも肉(皮付き) 480g
利尻昆布 10㎝角切り1枚
1カップ
ローリエ 2枚
〈コリアンダー風味のヴィネグレットソース〉
セロリ 10㎝
トマト 1個
タマネギ 1/2個
コリアンダー 2束
白ワインビネガー 大さじ2
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ3〜4
塩・コショウ 少々

作り方

  1. 1.

    鶏もも肉の皮と身の間にある脂(黄色い部分)を丁寧に取り除く。(※鶏肉料理をおいしく仕上げるコツです)

  2. 2.

    鍋に昆布を敷いて水を注ぎ、1を皮目を下にして入れ、ローリエを加える。

  3. 3.

    2に蓋をして10分くらい煮たら火を切り、そのまま少し置く。(※ゆで汁をこしてスープに使うと、ゼラチン質が多く、骨を丈夫にします)

  4. 4.

    セロリ(筋を除いたもの)、トマト(種を除いたもの)、タマネギをそれぞれ5mmの角切りにし、コリアンダーは粗みじん切りにする。

  5. 5.

    白ワインビネガーとタマネギをボウルに入れ、ホイッパーで混ぜながらエキストラバージンオリーブオイルを少しずつ入れてソースを作る。最後にその他の材料を入れ、塩、コショウで味を調える。

  6. 6.

    3を皿に盛り付け、5のソースを添える。

簡単! 食育レシピ教室

食育とは、「食」に関する知識(食材の旬や調理方法、栄養のことなど)を得ることだけではなく、もっと広い意味を持っています。団らんの場を増やし、食生活を通して健康増進を図るきっかけになり、またマナーやコミュニケーション力を養うことにもつながります。
食が築く健全で豊かな毎日が、皆様の明るく、楽しく、輝いた自己表現の助けになりますよう、季節に沿った身近なレシピを紹介します。

料理研究家 海野恵子(PL静岡中央教会所属)

カテゴリー

本日のカレンダー

8月
17

〝新しい心″で生きる今日

Start Today with a Fresh Outlook